世界初の「ムーミンバレーパーク」はデートに最適なムーミン公式テーマパーク

Pocket

母国以外では世界初となるムーミンの公式テーマパーク「ムーミンバレーパーク」が2019年3月16日に埼玉県飯能市にオープンした。

開園から多くの恋人や家族連れでにぎわっていた。

 

ムーミンバレーパークとは


約7.3ヘクタールの敷地に、ムーミン一家の暮らしを再現した「ムーミン屋敷」や、フィンランド語で「体験」を表す「KOKEMUS(コケムス)」というヤンソンの文学や芸術作品に触れられる施設がある。

2018年11月に先行オープンした入場無料の「メッツァビレッジ」に隣接する施設として誕生したのが、「ムーミンバレーパーク」。

 

北欧の文化を伝える施設が、ムーミンバレーパークの開園で全エリアが開業したことになる。

ムーミンは人と人とのつながりや、人と社会とのつながりに対して、どうやって良い関係に繋げていけるかを教えてくれるかというストーリー。

 

そんなムーミンの世界を体験しながら、恋人や家族と素晴らしい一日を過ごすことも粋な時間を過ごすことになる。

ハードボイルドな感じではないが、今の装飾男子には、キャラを変えずにデートできるスポットとしてうってつけのテーマパークだろう。

 

ムーミンバレーパークの場所


ムーミンバレーパークの所在地は、埼玉県飯能市にある昨年開業した「メッツァビレッジ」という北欧文化を体験できる施設の隣。

フィンランドと日本の国交樹立は2019年で100年になる。この記念の年に、生まれたのがムーミンバレーパークである。

 

このテーマパークが日本とフィンランドの懸け橋となり、木綱を強くする一歩となるかもしれない。

フィンランドの北欧文化は、普段はあまり目にしないもの。このメッツァビレッジは、北欧文化に触れる良い機会でもある。

 

営業時間

メッツァビレッジ

メッツァビレッジの営業時間は平日、休日ともに、10:00開園で、21:00閉園

マーケットホールのマーケット棟は10:00~20:00となり、閉園時間より1時間早く閉まってしまうので、お土産を買いたい場合は、早めにすましておくべきだろう。

 

また、基本的には、休日なしの10時~21時の開園時間だが、イベントなどで変更になることもあるようだ。あらかじめホームページで開園時間はチェックしておきたい。

次の日の駐車場の空き情報までツイッターで教えてくれるサービスもあるので活用してみると良いだろう。

>>メッツァビレッジホームページ

 

ムーミンバレーパーク

ムーミンバレーパークの開園時間は平日、休日ともに10時、閉園時間は20時である。

メッツァビレッジと同じく、イベントやメンテナンスで変更となることがあるので、訪れる前には、チェックしておくことが必要だろう。

 

入場料

気になる入場料だが、メッツァビレッジに入るのには、お金は必要ない。無料で入園できるのだ。

だが、ムーミンバレーパークは、中学生以上の大人1500円、子供1000円が必要になる。なお、3歳以下の子供は無料になる。

 

入園チケットは事前予約がおすすめ。なぜなら、混雑時に入園制限を受けることが無いからだ。

デートや家族サービスの時に、テーマパーク目前まで行って、入場できなかったとなると、評価がダダ下がりになってしまうので注意したい。

 

その他、次のような有料アトラクションがある。

  • 飛行おにのジップラインアドベンチャー 1500円 身長制限アリ
  • 海のオーケストラ号 1000円
  • ムーミン屋敷ガイドツアー 1000円
  • リトルミイのプレイスポット 700円

おとな・こども共に一律料金で、3歳以下は無料となる。

ただし、時間予約制になるため、余裕をもって予約しておかないと、いら立ちが募る一日になってしまう。ここは、しっかりと予約を取って一流ナビゲーターの腕を振るうところだろう。

 

駐車場


駐車場は2つの利用方法がある。

1つは、WEBの事前予約。平日1500円、土日祝は2500円となるが、確実に止めるためには、必要なことだ。時間を気にせずパークを満喫するためにも重要なポイントとなる。

もう一つの方法は、予約なしの現地精算。平日は10分100円、土日祝は30分500円で止めることができる。ランチだけなど、ちょっとだけ雰囲気を味わいたい人向けにはこちらのプランがおすすめ。

だが、止められない可能性もあるので、事前に駐車場の情報は仕入れておきたいところだ。

 

アクセス

車でのアクセス


車でアクセスする場合は、2通りある。

まずは、狭山日高インターチェンジから県道262号線を経由してメッツァビレッジ、ムーミンバレーパークにたどり着く方法。

もう一つは青梅インターチェンジから県道218号線を経由してたどり着く方法だ。

西武戦の飯能駅から3km程度の場所となる。

 

電車でのアクセス


電車でアクセスするなら、飯能駅か東飯能、もしくは高麗川駅になるだろう。

駅からタクシーで乗りつけるのも一手だが、飯能の田舎道を楽しみながら宮沢湖に隣接したムーミンバレーパークまで歩いてみても良い思い出になるかもしれない。

 

まとめ


以上、「世界初の「ムーミンバレーパーク」はデートに最適なムーミン公式テーマパーク」について話してきたが、デートスポットとしても最高の場所だと思う。

開業初日のオープンセレモニーには「ムーミン」の作者「トーベ・ヤンソン」の姪であるソフィア・ヤンソンさんも来園した。

 

「トーベ・ヤンソンを知ることで、生きていくための前向きな力を、特に子供たちに与えられることを願っています」とのこと。

また、「ムーミンの力を借りてポジティブな雰囲気でこの場所を楽しんで欲しい」という言葉は、カップルにもうってつけな証拠だろう。

(参考:ムーミンバレーパーク公式サイト

 

パークマップ

 

Pocket

<<アンケート>>
この記事が良かったら、クリックしてね!

人気ブログランキング

 

こんな記事が読まれています

最新お宝情報

秘蔵!お宝エロ幕府

厳選!ホットな日刊ブログ発最新エロ情報